ニュース
Illustrated by fujitaka
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングなのです♪
EeePCでリトルバスターズを動かしてみる試み。
こんばんわー。
期末もうちょいだなー(毎日この台詞言ってるかも(^^;

ま、今日出来なかったけどあすは勉強しますとも。
あと、オフ会についての連絡が途切れてますが、当然忘れてなどいませんよ?><
今忙しい時期なので、もう少しお待ちくださいね、相互リンクの皆さん。

それでは、初代EeePCでリトバスを動かしてみる試みです。
続きからどうぞ。
人気ブログランキングなのです♪
まぁそもそも問題はディスプレイにありますね。
前回東方では「アスペクト比を固定したまま画面を拡大するツール」
を使うことで問題を解決していましたが、 今回はそうは行きませんね。

リトルバスターズ(ちなみにEX版)はもともと800×600で動作するようなので、
そのまま起動すると下のほうが見えなくなるんですね。
スクロールしてもかまわないという人もいると思いますが、
やっぱ全部おさめたい、という人もいるでしょう。

っちゅーわけで、別のツールを活用します。
D3DWindowerの登場です。

どんなツールかということを簡単に説明しますと、
フルスクリーン用のゲームを無理やりウィンドウモードで起動させるツールです。
ウィンドウサイズを指定できるので、かなり便利です。

とりあえず、手順を説明しますか。

①D3DWindowerをダウンロードしましょう。
http://www.geocities.jp/menopem/

②解凍し、D3DWindower.exeを起動します。
D3DWindower

③上の図を参考にして欲しいんですが、
まず[+]をクリックしてウィンドウモードを適用したいプログラム(ゲームのexe本体)を選択します。

④右から2番目のボタンをクリックして、設定画面を出します。
設定画面

「幅を固定」「高さを固定」からサイズの指定ができます。
640×480あたりのサイズを指定するといいと思います。
値を入力したらOKクリック。

⑤再生っぽいような青いボタンをクリックして、
左下に「グローバルフック開始成功」と表示されたらおkです。最小化してゲームをプレイします。


以上が手順となります。
以下、実際起動した後のスクリーンショットや感想です。

無事起動
無事起動した様子。
ご覧のとおり、下のほうは切れてません。

環境設定の画面
環境設定画面2
上の二つは環境設定の画面になります。
当然ここからフルスクリーン/ウィンドウモードの切り替えが出来るわけで。
フルにするとしたが途切れてしまうがウィンドウより画質がいい。
ウィンドウモードでもプレイする上では全く支障のない程度の画質です。

ちなみに書き忘れてましたが、
まったく問題なく動作します。しかも意外にサクサクと。

と、いうわけで現在29800円で発売されているPCでもリトバスは動くんだよ!
そんな話でした。
あー今日は徹夜だなヽ( ´ー)ノ フッ

コメント
コメント
徹夜頑張ってください・・・
オレもやんなきゃ・・・
2008/11/23 (日) 23:35:21 | URL | =qwerty= #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 萌えるそよ風(旧館) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。